発芽玄米炊飯器 比較

発芽玄米炊飯器 比較

発芽玄米炊飯器 比較

発芽玄米炊飯器 比較

 

象印『極め炊きシリーズ』の中でも一升炊きの炊飯器では
ダントツの人気機種としてここしばらくランキング1位に輝いている機種が”象印 NP-BB18-TA”です

 

この上の機種も確かにあるのですが
価格の面や機能性を考えた時 妥当な機種が”象印 NP-BB18-TA”と言うことでランキング上位に入っていますね

 

◇機能面としては”ふっくらツヤツヤ”したご飯が食べられると評判がいいです
”象印 NP-BB18-TA”は圧力IH方式で炊くためにお米の芯までしっかり吸水と加熱をするので
芯からしっかり炊きあげることができるからです

 

◇「羽釜リングつきプラチナ厚釜」や「プラチナコート」は象印独自の機能でごはんをおいしくする工夫が詰まっていますね

 

◇「うるつや保温」は いつもごはんを炊いた後に保温をする方へのおすすめ機能です 30時間保温が可能です

 

◇炊き分けは「7種類」・・・「しゃっきり〜もちもち」まで7通りの炊きわけができます
 結構人気の機能ですが 最終的な炊き方はいつも決まってしますと私に知人の方は言っていますよ(その方はもちもち派でした)

 

◇「熟成炊き」では ほぼ象印の炊飯器で採用されている人気コースです ごはん本来の旨みや甘みが感じられると好評ですよ

 

一升炊きの炊飯器としての使い勝手の良さと人気機種と言うことでは”象印 NP-BB18-TA”はおすすめの機種です

 

◆参考までに通販での販売価格をご紹介しますね
2万8000円〜3万円台が購入する時の価格の目安です